2016年初投稿。


非常にご無沙汰な投稿です。
もう、今しないとずっとしないんじゃないかと不安になりながらも、こっちのサイクルも良くして行きたい今年。

さて、今年も春分の日が近いということで、ぼちぼち体もシーズンに慣らしていかなければならない時期です。
先駆けて、3月入ってすぐにトマトの播種を行いました。
にたきこまは露地栽培なので、もうちょっと…なのですが、ほーじょーのーじょーの屋台骨を支えてくれているのはいつもミニトマト。
ということで、今年は農協用の他に産直専用品種を考えています。
IMG_20160301_110138
プチぷよ。
薄皮ミニトマトという新しいジャンルですが、サクランボみたいな触感が特長のミニトマトです。
薄皮なので、遠くへの発送には向かない、とは言いますが、割れにくいからそれなりに大丈夫な気もしますけど?
まず、そんなわけで、なかなかやっぱり一般流通しにくいトマトです。
今年は、これを「もみ殻培地」を使っての栽培を考えています。
IMG_20160311_110249
父親が使っていたシイタケハウスを冬の間に改良です。
シイタケの棚は、トマトの誘引用の支柱になります。
これに養液の点滴での栽培になります。
水は切りやすいので、糖度はそこそこのることが想定されます。
岩手大学の先生が一生懸命紹介してくれるのですが、これでミニトマトというのは、あまり経験がないそうです。
ということで、にたきこまに続いて手探りの栽培です。
これが成功すれば、コストとかの関係で非常に魅力的なんですよね。
今後が非常に楽しみです。

さて、そんなこんなで、週に2回くらいは更新したいですね。

Comments are closed.